リピート系発注が手数料無料で使える「ループ・イフダン」

ループイフダン

今もっとも注目されているFX自動売買がトラリピに代表されるリピート系注文です。

そもそもリピート系注文とは?と言う方もいらっしゃると思いますので、物凄く簡単に説明しますと、指定した通貨ペアで、指定した値幅で自動で注文を繰り返し行い、指定した利益幅で繰り返し決済を行う注文となります。

言葉では良くわかりませんね!

下記のように波打つ値動きを、上下で自動で売り買いを行います。

ループ・イフダン

リピート系の本家「トラリピ」と「ループ・イフダン」との違いですが、「ループ・イフダン」は、全て設定済みのパターンを選ぶだけなのに対し、「トラリピ」は全て自身で細かく設定します。

よって「トラリピ」は注文の自由度高いのがメリットな反面、設定は少し複雑で、「ループ・イフダン」使い方が簡単なのがメリットです。

 

取引コストを比べたら?

まずスプレッドを比較しました。

ループイフダンはひまわり証券で、トラリピはM2Jとなります。

対応通貨ペアを見るとトラリピは11通貨ペア、ループイフダンは5通貨ペアと共に少ないです。

ループイフダン トラリピ
USD/JPY  1.0銭 4.0銭
EUR/JPY  3.0銭 6.0銭
GBP/JPY  5.0銭 6.0銭
AUD/JPY  4.0銭 5.0銭
NZD/JPY 6.0銭
CAD/JPY 1.0銭
ZAR/JPY 3.0銭
TRY/JPY 5.0銭
EUR/USD  2.0Pips 4.0Pips
AUD/USD 4.0Pips
NZD/USD 4.0Pips

 

上記よりスプレッドの比較では、トラリピが全般広く、ループイフダンの方が狭い結果となりました。

トラリピはこれに更に手数料がかかり、手数料も含めた目安が下記となります。

ループイフダン トラリピ
USD/JPY  1.0銭 9.0銭
EUR/JPY  3.0銭 11.0銭
GBP/JPY  5.0銭 11.0銭
AUD/JPY  4.0銭 10.0銭
NZD/JPY 11.0銭
CAD/JPY 6.0銭
ZAR/JPY 5.0銭
TRY/JPY 10.0銭
EUR/USD  2.0Pips 9.0Pips
AUD/USD 9.0Pips
NZD/USD 9.0Pips

トラリピは1万通貨単位未満の場合…1,000通貨単位あたり50円(対ドル通貨は0.5ドル)での目安です。

物凄く大きな差となりました!

この表を見てもピンとこない方に説明してみますと、スプレッドが1銭違うと、1000通貨で往復取引を行うと、取引コストは20円の差となります。

例えばリピート系で人気の通貨ペアAUDJPYで見ますと、6銭差なので往復で120円のコストの差となります。

120円のコスト差で何度もリピートするとなると、相当なコスト差になる事が容易に計算出来ます。

リピート系お考えであればコストを考えると「ループ・イフダン」が良いのではないでしょうか!

 

「ループ・イフダン」が使えるFX会社はコチラ ひまわり証券