GMOクリック証券、FXneoにてトルコリラ円の取扱い開始!スワップ、スプレッド各社比較

GMOクリック証券FXneoにてトルコリラ円の取扱い開始!

GMOクリック証券ですが、2016年もFX取引高世界1位となり、これで無敵の5年連続世界1位!

凄いのが、そのシェアです。

GMOクリック証券 世界シェア

※Finance Magnates「2016年年間取引高調査報告書」において、2016年1〜12月のFX取引高(売買代金/ドル換算)1位を獲得。上記の図は、報告書に基づく世界上位10社のシェアであり当社にて作成。

驚く事に1社で世界の27.2%もの取引高なのです。

しかしながらスワップ派に人気のトルコリラ円の取扱いがありませんでした。

それが2017年5月20日より、FXneoに待望の通貨ペアトルコリラ円が追加されました。

取引条件が最良のFX会社だけに、スワップポイントも期待しちゃいますね!

そこでトルコリラ円のスワップポイント、スプレッドを各社比較して見ました。

 

 

トルコリラ円のスワップポイント、スプレッドを比較

情報取得日 2017年6月5日

FX会社 スワップポイント スプレッド
 ヒロセ通商【LION FX】 \106 2.9銭(原則固定)
 FXプライム byGMO \105 8.0銭(原則固定)
 GMOクリック証券【FX】 \104 3.7銭(原則固定)
 マネーパートナーズ \102 2.9銭(原則固定)
 SBIFXトレード \97 4.8銭(原則固定)
 GMOクリック証券【くりっく365】 \96 5.3銭
 セントラル短資FX \85 8~18銭
 FXTF MT4 \79 15~50銭
 マネースクウェア・ジャパン(M2J) \70 8.0銭

1万通貨あたりの買いスワップポイント

 

スプレッド業界最狭水準のGMOクリック証券はトルコリラ円に限って言えば、スワップで3番目、スプレッドで2番目と言う結果でした。

しかしながら全ての通貨ペアを勘案した場合、トータル的には高いスペックは間違いないでしょう。

管理人的にはFXは複数口座を持っておき、用途に応じて使い分けるのがベストだと考えてます。

上記ならば独断と偏見でヒロセ通商【LION FX】GMOクリック証券【FX】マネーパートナーズとMT4チャート用にFXTF MT4をおさえときたいかな!