簡単FX MACDの見方、使い方

MCAD「テクニカル分析」

FXでの投資にはいろいろなテクニカ指標が利用できますが、「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」などと並んでよく使われるものにMACDがあります。

これはジェラルド・アペルが開発したもので「マックディー」もしくは「エム・エー・シー・ディー」と呼び「Moving Average Convergence Divergence」の略になります。

そのまま訳せば「移動平均・収束拡散トレード法」になります。MACDは一目でトレンドの傾向がわかることで人気となっています。

 

 MACDでのトレンドの見方

MACDは通常用いられる「短期EMA」と言われる12日指数平滑移動平均から、「長期EMA」の26日間指数平滑移動平均を引いたものになります。なお、「指数平滑移動平均」とは複雑な計算をしますが、期間の終値の平均を、直近の価格に比重を置いて算出されたもので、近い将来の価格の予想に向いていると言われています。

MACDには他に「シグナル」というものがあって、MACDの9日EMAか9日SMA(単純移動平均)を使用します。また「MACDヒストグラム」はMACDからシグナルを引いた数値を棒グラフで表したものになります。

DMM FXプレミアチャート MACD

上記はDMM.com証券プレミアチャートですが、灰色の線が「MACD」、赤色の線が「シグナル」、棒グラフが「MACDヒストグラム」となります。

MACDが上昇している時、MACDヒストグラムがプラス圏の時が上昇トレンド、MACDが下降している時、MACDヒストグラムがマイナス圏の時が下降トレンドと見る事が出来ます。

 

 

MACDラインとシグナルラインで売買判断

MACDの売買のサインとしては、「MACDラインがシグナルラインを下から上に交差するときは買い優勢」で「買い」のサインとなり、MACDラインがシグナルラインを上から下に交差するときには売り優勢で、「売り」のサインとなります。「ダイバージェンス」とは逆行現象のことで、大きなトレンドが発生している場合にMACDのラインが逆行したときには、底値や天井に近いと言われ、逆張りのチャンスが発生していることを表します。

また「ヒストグラム」が減少から増加に向いた時には「買い」で、増加から減少に向いた場合は「売り」のサインになります。

GMOクリック証券 プラチナチャート MACD

DMM.com証券クリック証券 プラチナチャート MACD

 

 

MACDの欠点

MACDの欠点はレンジ相場の時には、角度の浅いゴールデンクロス、デッドクロスが発生しやすく、サインとしては弱く、ダマシとなる場合が多くなります。このMACDラインとシグナルラインの交わる角度が重要で浅いと弱いシグナル、深いと強いシグナルと見る事が出来ます。

 

 

人気のあるRSIでテクニカル分析

オシレーター系テクニカル指標RSI

FXにおいてRSIは相場の上がり過ぎや下がり過ぎなどの相場の行き過ぎを測る指標です。

これは日本語では相対力指数といって、1978年にアメリカのJ.W.ワイルダーという投資家が考え出しました。
相場の変動幅に対する上昇幅を考えます。

その計算方法は期間中の上昇幅を合計した値に期間中に上昇した幅と下落した幅を足したもので割ってから100を掛けます。
RSIの数値は0~100まであって、その間を動いていきます。
この数値が0~30の間にある場合にはFXの相場が下がり過ぎていると見ます。

また、この数値が70~100までにある場合には相場が上がり過ぎているという風に見ます。
それから、この数値が上昇している時には相場が上昇していると見て、下降している時には下降していると見ます。

 

RSIでの売買タイミング

RSI-MT4チャート

上記はFXTF MT4のチャートでRSIを表示させたチャートです。
MT4ではデフォルトで14日間で計算するようになってますが、9日間で計算する事も一般的で設定変更も可能です。筆者は1時間足も好んで使用します。

RSIをFXの売買のタイミングに使う場合には、一つ大きな時間軸のチャートも一緒に見ます。
例えば、日足のチャートが上昇している時に押し目買いを狙いたい場合の売買方法を説明します。
この場合、トレードを行なう1時間足のチャートにRSIを出しておきます。
そして、この数値が30以下まで下がってから30を上抜く時が買いのタイミングになります。

 

ダイバージェンス

FXにおけるRSIの重要な見方にダイバージェンスというものがあります。
ダイバージェンスではローソク足が高値を付けている時にRSIが下げます。
通常ではローソク足が高値を付けている時にはRSIも上昇するのですが、これが逆行するのです。
このようなサインが出ると相場は一旦、小休止したと見て反転して下落する可能性が高まります。
そのためこれを利食いの目安にすることができます。

例えば、利益が乗っている買いポジションを持っているとします。
この時に、ダイバージェンスが起きると利食いをするといいのです。

ダイバージェンス

このようにRSIはFXにおいて、エントリーや決済という売買のタイミングに使うことのできる優秀な指標だということができます。

 

テクニカル分析にはMT4チャートは必ず持っておきたいアイテムです。
FXTF MT4なら国内MT4では希少な日足5本足でテクニカル分析に最適です。
口座開設、維持費も全て無料なのでテクニカル分析用に是非口座開設をお勧めします。
当然スプレッドもドル円0.3Pipsと条件も良く、1000通貨から取引も出来る為、取引にもお勧めです。

 

 

オシレーター系で買われすぎ、売られすぎを判断しよう!

オシレーター系で買われすぎ、売られすぎを判断しよう!

オシレーターは、発振というような意味がありますが、FXなどのチャートでオシレーター系といいますと、ある一定の値の間を行き来するようなものをいいます。

オシレーター系指標は価格が上がりすぎや下がりすぎを感覚的に判断するのではなく、客観的に数値で表してくれるテクニカル分析です。

多くのオシレーター系チャートは、0と100の間を行き来するように、為替レートなどの情報をある定義式にあてはめて、そこで得られた値を元にチャートがつくられます。

 

メジャーなRSI等、オシレーター系でも複数の指標があります。

FXで有名なオシレーター系にRSI(Relative Strength Index)というものがあります。これは、一定期間(14日がよく使われます)の値上がりの幅と値下がりの幅を使って、RSI=値上がりの幅÷(値上がりの幅+値下がりの幅)×100という定義式(計算式)で算出されます。

RSIの値は、定義式からわかるように、期間内全てが値上がりした時に最高の100になり、期間内全て値下がりした時に最低の0になります。

このような極端な相場になることは稀ですが、RSIの値自体は、0と100の間を常に動いています。

 

RSIの使い方は、30と70をひとつの目安として、30以下になった場合には値下がりが多いという事で売られすぎと判断します。

逆に70以上になった場合には値上がりが大きいとみて買われすぎと判断します。すなわち、このRSIは、逆張りのポジションを建てる時に参考になります。

なお、逆張りとは為替レートが上昇している時に売ポジションを、下降している時に買ポジションを建てるやり方です。

RSIは、為替レートを元に算出しましたが、有名な移動平均に少し手を加えた指数平滑移動平均を元に算出するオシレーター系にMACDがあります。

これは、移動平均でトレンドを判断すると、どうしても遅れ気味になるという欠点を補うために使われます。

また、RSIと同様に売られすぎ買われすぎを判断するオシレーター系には、ストキャスティクスやモンタムなどもあります。
オシレーター系は、機械的にポジションを建てるのに適しているものが多いですから、自動売買の判断基準として使われることも少なくありません。

 

FXトレード・フィナンシャルMT4チャート

上記はFXTF MT4にRSIとMACDを表示したチャートです。

テクニカル分析をする場合、必ず持っておきたいのが日足5本足を採用したメタトレーダーです。
中でもFXトレード・フィナンシャルは国内MT4で希少な日足5本足を採用しており、スプレッドもドル円0.3Pipsと業界最狭水準です。

様々なブログ、ウェブサイトでテクニカル分析に多く使われている為、このチャートに慣れるのがテクニカル分析をマスターする上で最短の王道です。口座開設、維持費も全て無料なのでテクニカル分析にFXTF MT4を是非使って見て下さい。

MT4ではテクニカル分析を行うプログラムをインジケータ(インディケータ) と呼び、下記の様に数多くインジケータが標準で搭載されてます。

またFXTF MT4の様にオリジナルインジケータが搭載されていたり、ネット上で様々なインジケータを無料でダウンロード出来たり、自作する事も可能です。

FXトレード・フィナンシャルMT4インジケータ
FXトレード・フィナンシャルMT4インジケータ