無職でFX口座開設は可能か? 審査落ちする5つの理由

無職でFX口座開設は可能か?

FXを始めたいが、収入が少ないからFX口座開設で審査落ちが心配で申込を躊躇している方

FXの口座開設は、クレジットカードやカードローンの様に「信用情報機関」に問い合わせことはありません。

基本的には自己申告内容とそのFX会社の審査基準と照らし合わせるだけです。

しかし実際落ちた人もいる。

一度申込んでみたが審査に落ちて、次の申込に躊躇している方

審査基準の高いFX会社に申込んだのではないでしょうか?

以外にもFX会社により審査基準に大きな差があります。

無職でも学生でも主婦でも審査基準をクリアしていれば口座開設は出来ます。

FX会社の口座開設の審査基準は決して厳しくありません。

寧ろ非常にあまい

1社がダメでも数社申込んでみれば必ずどこかのFX会社の口座開設は可能です。

このページではFX会社の具体的な審査基準も掲載してます。

凄く審査基準が甘いFX会社もありますので、ご参考までに

 

 

FX口座開設で審査落ちする5つの理由

FX口座開設はクレジットカードや株の信用取引程に厳しく審査される事はありませんが、下記点をクリアしている事が重要です。

 本人確認書類があること。

 金融資産が十分にある事

 18才未満や80才以上の高齢で無い事

 国内に居住しており、米国籍保有者でない事

 FX会社や証券会社に勤めてないこと

本人確認書類に記載項目以外は、あくまで自己申告部分が多く、審査も甘く2~3日で口座開設される場合が殆どです。

 

 

審査が緩そうなFX会社どこ?

FX会社別、年齢による審査基準

各FX会社ごと微妙に口座開設が可能な年齢が異なります。

この年齢の基準に満たないと、まず口座開設は出来ません。

下記年齢基準に満たないFX会社は申込んでも意味がありません。

また、この基準の厳しさより口座開設全般での審査基準の厳しさも推測出来ますので参考までに。

FX会社 年齢
GMOクリック証券【FX】 20歳以上80歳以下
 DMM.com証券 20歳以上75歳未満
マネーパートナーズ 20歳以上70歳未満
セントラル短資FX 記載見当たらない
FXプライムbyGMO 20歳以上80歳以下
トレイダーズ証券「みんなのFX」 18歳以上70歳未満
外為ジャパン FX
20歳以上75歳未満
外為オンライン 20歳以上
アヴァトレード 20歳以上75歳以下

 

 

FX口座開設基準より審査基準を判断する

GMOクリック証券の場合

下記は取引高6年連続世界1位のGMOクリック証券の口座開設申込受付基準です。

金融資産が100万円以上が条件となっており、これがFX会社の口座開設基準で金融資産面では一番厳しい部類ではないでしょうか。

これをベースに審査基準の緩いFX会社を狙って行きましょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券【FX】の口座開設申込受付基準で赤字で強調されている点に注目です。

年齢、金融資産、金融商品取引業者の従業員でない事を強調しており、この部分が重要で他の部分はお約束的な内容です。

そこまで様々な条件がある訳ではなく、年齢条件を満たし、住居、連絡先、メールアドレスを保有していれば後は自己申告的な内容で、金融資産がしっかりある事を申告すれば問題ないのではないでしょうか。

しかし審査を気にされる方は、この金融資産100万円以上のハードルが高い方も多いのではないのでしょうか?

 

どこのFX口座開設でも必ず必要な物

必要本人確認書類

マイナンバー通知カードもしくは個人番号カードと下記いづれかの本人確認書類が必要です。

運転免許証、健康保険証、パスポート在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード、住民票の写し、印鑑登録証明書

「マイナンバー通知カード+住民票の写し」ならどなたでも用意可能かと思います。

インターネット環境

現在はどこもオンラインによる取引と鳴っている為、インターネット利用環境が必要です。

PCだけでなくスマートフォン、iPhone等、インターネットにつながれば何でもOKです。

メールアドレス
入出金用銀行口座

 

 

口コミ、口座開設基準より審査が緩そうなFX会社はココ!

「FXプライムbyGMO」は驚きの口座開設申込受付基準!

FXプライムbyGMO

 

上記はFXプライムbyGMOの口座開設申込受付基準です。

注目は3点

・保有金融資産が5万円未満かつ年収が0の方

・保有金融資産が5万円未満かつ無職の方

・年齢が満70歳以上で、金融資産が5万円未満の方

驚く事に収入が0でも、無職でも、70歳以上でも金融資産が5万円以上あれば良いって事?

同じGMOグルークながら、GMOクリック証券の保有金融資産100万円以上の条件に対し、5万円以上あればなんでも来い!の様な信じがたい条件です。

本当にどのラインからOKなのかはわかりませんが、金融資産のハードルはかなり低そうです。

あえて審査基準甘くしているので使って見て下さいと言っているような(笑)

それでもFXを始めるなら30~50万円以上では申告したいものです。

年齢も80歳までOKとの事で緩いです。

 

 

FXプライムbyGMOの特徴

・口座開設、維持費、手数料全て無料です。

・特に初心者向けで、口座開設者の63%がFX未経験及び1年未満の方です。

・「ぱっと見テクニカル」なるツールが為替の動きの予想をしてくれます。

・少額の1000通貨から取引が出来、約5000円から取引が可能です。

・ドル円スプレッド0.6銭で最高の条件ではありませんが、必要十分です。

・スワップポイントは業界最高水準です。

・約定率100%、スリッページなしを宣言してます。

公式ページはこちらFXプライムbyGMO

FXプライムのトルコリラ

 

 

 

年収、金融資産の申告が大雑把なセントラル短資FX

セントラル短資FXは、年齢、収入、金融資産の条件が口座開設基準に記載されてません。

よって実際どの程度で判断されるのかがわかりませんが、口コミや、申込ページよりある程度推測する事が出来ます。

 

申込ページの年収、金融資産の欄の最低は300万未満のみ

セントラル短資FX 年収

セントラル短資FX 資産

上記はセントラル短資FXの申込ページの年収と金融資産の申告画面ですが、どちらも300万未満が最低の登録となってます。

例えばFX口座開設で重要と言われている金融資産で見ると、他のFX会社は「5万未満」「5万以上」「10万以上」「30万以上」・・・と細かく申告するのが通例です。

しかしセントラル短資FXは300万未満のみ

これは金融資産が5万円の人も290万円の人も同一扱いとの事となります。

まさかこれだけ数多くのFX会社存在する中、年収290万円、金融資産290万円の人を落とす程、セントラル短資FXがラクラク加入者を集められている事は有り得なく、口コミでも無職で年収、金融資産共に300万未満で口座開設が出来たとの報告もあります。

何より金融資産20万円の人が、嘘をついて100万以上などの嘘の申告をする必要がなく、堂々と300万未満で申告出来る点が良いですね。

 

会社名、アルバイト先等も申告する必要がありません

セントラル短資FX 勤務先職業

FX口座開設の際、大多数のFX会社は会社員を選んだり、アルバイトを選ぶと、会社名、アルバイト先、住所などの申告必要がありますが、セントラル短資FXはその必要がありません。

プルダウンより選ぶのみ、それだったら調べる術がないねと嘘を申告しないように。

 

セントラル短資FXの特徴

・100年余年の歴史があるセントラル短資グループです。

・FX専業会社で唯一の長期信用付のFX会社

・口座開設、維持費、手数料全て無料です。

・スプレッドは業界最狭水準でドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭です。

・少額の1000通貨から取引が出来、約5000円から取引が可能です。

・高スワップ、マイナー通貨の取扱が豊富です(メキシコペソ、人民元、ランド、トルコリラ)

・「みらいチャート」なるツールが為替の動きの予想をしてくれます。

・「Quickチャートトレード」にて自身で自動売買ロジックを組むことが可能です。

公式ページはこちらセントラル短資FX

 

 

 

その他審査が緩いと評判でウェルカムなFX会社はココ

DMM.com証券

マネーパートナーズ

とここまで上げましたが、FX会社の審査基準は極めて低く、例え無職でも余程の事がない限り落ちることはありません。

そもそもFX会社はお金を貸してくれる訳ではなく、顧客が入金した分での取引しか出来ない為、例え顧客の資産が少なくてもFX会社にとってのリスクはほどんどありません。

例え1社がダメでも、順番に数社申込んで行けば必ずどこかは口座開設出来ますので安心して下さい。

 

 

FX口座開設ができない場合

FX口座開設ができない場合

FX口座開設というのは、基本的に誰でも開設が可能ですが稀に審査に通らない場合があります。

なぜならFXは自己資金を超えるお金を動かすことができるので業者によって審査があり、その審査を通過しなければ開設をすることができないのです。

これはどういうことかというと、相場が大きく動いた時に自己資金以上の損失を出してしまう恐れがあるということです。

相場が急変するような大きな材料が出た場合、業者による強制ロスカットが間に合わず、自己資金を超えるマイナスになってしまうケースが有ります。

その場合、当然マイナスになった分は返済をしなければなりませんが、返済能力のない人にFXの取引をさせると業者側が損をしてしまうことになりますから、FX口座開設には一定の支払い能力があったり投資経験の有無などの基準を設けてそれをクリアしなければ開設できないようになっているのです。

 

FX口座開設審査基準はマチマチ!

FX業者により審査基準が異なるので、あるFX業者では口座開設ができなくても他のFX業者に申し込むとすんなりと開設をすることができたということもあるので、口座開設ができなかった場合には別の業者を選んでみるというのも効果的です。

また、口座開設の際の質問に正しく答えることができなかったりするとリスクを理解していないとされて開設ができないことがあるので、FXのルールやリスクをしっかりと理解するということも開設のためには重要な事となります。

安定した収入があるかということも審査基準のひとつに入っているケースが有りますから、仕事をしていない人はアルバイトや派遣登録でもして収入を得ることによって口座を開設することができることもあるため、収入がないのであれば職につくことも口座開設のためには必要な事となります。

もう一つ、FX新規口座開設時の申告はあくまで自己申告で、どこまでしっかり調べているのかは不明です。

金融関係でブラックでもなってない限り調べる術はないのではと考えます。