FX口座開設は大学生でも可能!たった4円から出来る少額投資

FX口座開設は大学生でも可能

大学生と言えば、そろそろ投資に興味を持ち始める方も出てくる時期ではないでしょうか?

でも投資と言えば敷居がどうしても高く感じがちです。

なんかお金を多く持ってないと出来ないような・・・

口座開設なんて通らいないような・・・

でも実はFXなら、そんな事はないのです。

口座開設の審査は、他の投資に比べ格段にゆるく、1回の取引も4円からと少額で出来るのです。

投資資金は大きいに越した事はありませんが、投資初心者がいきなり高額資金で始めると火傷すること間違いなしです。

ある程度年がいって資金も豊富で、そんな方が少額で取引なんかやっても大した利益にならないからと言って、低い投資スキルに対して大きな投資を行い失敗する。

良くある話ですね。

しかし実際、頑張って働いていてもリストラもある世の中、将来の為に仕事以外の収入を得るスキルを身に付けておくのも大事な事です。

アメリカでは、学校で投資の授業が行われますが、日本ではまだまだ・・・

少額でトレードを行っても大した利益にはなりませんが、大した損失にもなりません。

年齢が上がり収入が増えると、こんな小さな利益の少額取引をちまちま出来ませんが、学生なら少額でも取引が出来る金銭感覚がまだ残ってるのではないでしょうか?

良く聞く失敗トレーダーにならない為にも、若い学生時代から投資のトレーニングにピッタリなのがFXです。

 

 

ところで学生でもFX口座開設は可能なのか?

結論から言うと20才以上であれば、どこのFX会社も口座開設が可能です。

また、SBIFXトレードであれば、親の同意があれば18才から口座開設が可能です。

ただ、口座開設基準がまちまちな為、口座開設審査に通りやすいFX会社、

通りにくいFX会社があります。

例えば金融資産100万円以上必要なGMOクリック証券【FX】もあれば、5万円以上あれば良いFXプライムbyGMOと極端に違います。

基本的にFX口座開設審査は、クレジットカードやカードローンのような「信用情報機関」に問い合わせことはありません。

自己申告内容に口座開設基準を照らし合わせ審査されます。

よって3~5社申し込めば、審査が通らない人は日本国内にはいないのではないでしょうか。

 

 

取引に必要な資金の目安、少額から取引出来るFX会社は?

とにかくトレードに自身がつくまでは少額と取引をおすすめします。

では実際取引にかかる費用の目安ですが、下記となります。

メジャーなドル円の場合のおよその目安です。

1通貨単位:必要証拠金4円 SBIFXトレードが1通貨単位から取引が可能です。

100通貨単位:必要証拠金400円 マネーパートナーズが100通貨単位から取引が可能です。

1000通貨単位:必要証拠金4000円 多くのFX会社で取引が可能となってきました。

後は0をどちらにも付けて行くだけです。

 

 

どれだけ利益が出て、どれだけ損失が出るのか?

例えばドル円を100円で購入した場合、102円上がった時の利益と、98円に下がった場合の損失は?

 

1通貨取引の場合

102円に上った場合2円の利益、98円に下がった場合は2円の損失

 

100通貨取引の場合

102円に上った場合200円の利益、98円に下がった場合は200円の損失

 

1000通貨取引の場合

102円に上った場合2000円の利益、98円に下がった場合は2000円の損失

 

1万通貨の場合

102円に上った場合20,000円の利益、98円に下がった場合は20,000円の損失

 

この様な計算となり、少額で取引した場合は利益も小さいが、損失も少なく限定されます。

よって投資初心者のトレーニングには最適です。

デモ口座でも取引は可能ですが、デモと少しでもお金と使って取引した場合では、緊張感が異なるものです。

FXならデモ口座でデモトレードも出来、操作方法がわかれば、少額から将来の為のトレーニングとして取引をやって見るのも良いのではないでしょうか。

 

 

価格が下がっても利益が出せるFX

何も価格上昇のチャンスだけを待つ必要はありません。

FXは買いからも、売りからもエントリーする事が出来ます。

よって例えばドル円が現在110円で、下がりそうだと思えば売りでエントリーすれば下落相場も利益に変える事が出来ます。

先程とは逆で、ドル円が110円の時に10,000通貨、売りからエントリーすると108円になれば20,000円の利益と言った具合に下落相場もチャンスに変える事が可能です。

 

 

FX口座開設に必要な本人確認書類

運転免許書や顔写真入りの証明書類が必ず必要な訳ではありません。

そろえやすそうなパターンは下記3つです。

それ以外でも可能なので詳しくはFX会社のホームページをご確認下さい。

①マイナンバー通知カード+運転免許証

②マイナンバー通知カード+保険証

③マイナンバー通知カード+住民票

マイナンバー通知カードは今は必ず必要となりますが、全ての国民に配布されているはずです。

ちなみにマイナンバー個人カードであれば、その1点の提出だけでOKです。

また、20才未満の方は、親権者の同意書が必要となります。

 

 

学生でも口座開設がしやすいFX会社は?

まずはクリアしなければならない年齢条件、ここで18才以上で口座開設が可能なFX会社は下記2社です。

SBIFXトレード

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 

年齢制限は20才以上だけど口座開設基準、口コミより口座開設がしやすいと想定されるFX会社

FXプライムbyGMO ここの口座開設基準の金融資産は5万円以上と異常に低く設定されてます。

セントラル短資FX

マネーパートナーズ

DMM.com証券

 

6社順番に申込んで行けば、必ずどこは口座開設可能でしょう。

いずれにしよどこも口座開設及び使用料金は無料なので気楽に申込んでみて下さい。