海外在住でも日本のFX口座が開設できるFX会社はたった2社!

海外在住でも日本のFX口座が開設できるFX会社は?

海外在住でも開設出来る日本のFX会社は、セントラル短資FXとヒロセ通商で、たった2社に限られます。

海外にもFX会社はありますが、海外のFX会社と比較し日本のFX会社の魅力は、圧倒的な取引環境でしょう!

海外FX会社では有り得ない、圧倒的に狭いスプレッド、高いスワップポイント、資金の安全性、親切丁寧な対応はまさに日本ならではないでしょうか?

しかし残念ながら、SBIやGMOクリック証券、DMM.com証券など大半のFX会社は、海外転勤など海外へ居住される場合は使えません。

現在国内のFX口座をお使いの方が、海外に転勤になったり、海外居住しておられる方が、日本のFX会社を使いたい場合などでもセントラル短資FXヒロセ通商【LION FX】であれば海外在住でも使用が可能なのです。

 

 

日本国内の居住者と海外在住者の定義は?

その前に日本国内の居住者と非居住者の定義を理解しましょう。

国税庁のホームページでは下記の説明となってます。

我が国の所得税法では、「居住者」とは、国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。
「住所」は、「個人の生活の本拠」をいい、「生活の本拠」かどうかは「客観的事実によって判定する」ことになります。
したがって、「住所」は、その人の生活の中心がどこかで判定されます。
なお、一定の場合には、その人の住所がどこにあるかを判定するため、職業などを基に「住所の推定」を行うことになります。詳しくは「別紙 住所の推定」を参照してください。
「居所」は、「その人の生活の本拠ではないが、その人が現実に居住している場所」とされています。
法人については、本店又は主たる事務所の所在地により内国法人又は外国法人の判定が行われますが、その判定に当たっては、登記や定款等の定めなどによることになります(これを一般に「本店所在地主義」といいます。)。

 

「住所」は、「個人の生活の本拠」であり、その人の生活の中心がどこかで判定されると言う事ですね。

この「住所」が国内に有しない場合が非居住者と言う事ですね。

 

 

 

セントラル短資FX 口座開設に必要なもの

・現地の日本大使館・領事館が発行する在留証明書(必ずこれが必要)

・出金用銀行口座は日本国内の口座のみ

・ユーザーID・パスワードは、ご登録住所あてにEMS(国際スピード郵便)配送の為、EMS取扱い国、地域でないといけない。

  EMS取扱い国、地域はコチラで確認出来ます。

 

セントラル短資FXの特徴

スプレッド(原則固定)
ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円ランド円ユーロドル
0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.9銭0.9銭0.4Pips
取引通貨ペア取引単位手数料iPhoneAndroid
25通貨ペア1,000通貨無料

 

 取引ツールが充実し、業界最高水準の取引環境を実現!
 自動売買機能も搭載し、自身で売買パターンの作成が可能!
 セントラル短資グループの創業100年以上の信頼と実績!

自動売買機能も備えたQuickチャートトレード、ProgressiveChart、Web取引システム等の取引ツールに加え、みらいチャートやFXライブ等の市場情報も充実したセン短が、業界最狭水準のスプレッドとなり最高水準の取引環境となりました。スキャルピングも公式にOKです。

詳細、口座開設はコチラ セントラル短資FX

 

 

 

ヒロセ通商「LAONFX」口座開設に必要なもの

・「特定取引を行う者の届出書」に必要事項を記載の上提出

・パスポート、現地発行の運転免許証(顔写真住所が記載ページ)

・本人確認書類で住所の記載がない場合、滞在国の日本国総領事館発行の「在留証明書」

マイナンバーは不要です。

ユーザーID・パスワードは、ご登録住所あてに国際郵便にて配送

出金銀行口座は海外銀行でも登録可能だが、海外送金手数料がかかる為、日本国内銀行がベター

 

ヒロセ通商「LAONFX」

スプレッド(原則固定)
ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円ランド円ユーロドル
0.2銭0.5銭1.0銭0.5銭1.0銭0.9銭0.4Pips
取引通貨ペア取引単位手数料iPhoneAndroid
50通貨ペア1,000通貨無料
外国為替証拠金取引

 

 2019年オリコンFX専門業者 満足度ランキング1位!
 取扱い通貨ペアは50通貨ペアと豊富
 鉄板の約定率99.9%矢野経済研究所調査(2018年12月4日~5日調査)時点

高い約定率99.9%、こちらも公式にスキャルピングを認めてます。オリコンFX専門業者満足度ランキングも4年連続1位と最高の評価を得てます。

詳細、口座開設はコチラ ヒロセ通商【LION FX】

 

 

 

海外に居住していても日本のFX口座が開設出来るセントラル短資FX

海外に居住してても日本のFX口座

海外に居住してますと、殆どの日本国内のFX会社の口座開設は出来ません。

しかしセントラル短資FXなら、そんな方でも口座が可能です。

海外FX会社も沢山ありますが、やはり不安なのが資金の安全性ですよね

信託保全や分別管理など言っても法律で規制されている訳でなければ、どこまで本当かも確認する手段すらありません。

悪質なFX業者も沢山あり、それを見分けるのも難しいものです。

良く聞く話が、利益を出すと何かとクレームをつけ出金に応じないケース

こんな話は日本国内のFX会社でありえません。

海外FX業者のメリットもあり、リスクの取れる方は海外FX業者を選択する手も有りますが、余計なリスクを取りたくない方は日本国内のFX業者がおすすめです。

公式ホームページはこちら セントラル短資FX

 

日本国内FX会社のメリット

高い安全性

様々な意味で安全です。

まず日本国内ではFX会社は全て金融商品取引法に基づく登録を受けた業者でなければなりません。

これにより悪質な業者は淘汰され、金融庁の厳しい管理下の元、不正などもちろん行えません。

預けた資金面でも、国内FX会社には全て信託保全が義務付けられてます。

この制度により、もしFX会社が破綻した場合でも、お客様の資金は守られており100%返済されます。

これが海外FX業者ですと信託保全がなかったり、有ると言ってもどこまで本当かどうか疑わしい業者も溢れています。

また、国内FX会社はレバレッジが25倍と低くデメリットと感じる事もありますが、顧客の破綻リスクを下げ、急な相場変動によるFX会社自身の破綻防止にも繋がってます。

スイスフランショック時に高レバレッジの海外FX会社が何社も破綻したのは記憶に新しいですね。

 

狭いスプレッド

国内FX会社の魅力は手数料無料でのスプレッドの狭さです。

海外FX業者でもスプレッドが狭い業者もありますが、手数料がかかるのが一般的で往復の手数料を足すと結局実質スプレッドが広くなります。

セントラル短資FXも手数料無料でドル円0.3銭、ユーロドル0.3Pipsと国内最狭水準で、海外FX業者と比べても有利な取引が可能です。

 

高スワップポイント

海外FX業者は全般スワップポイントに重きを置いて無く、国内FX業者と比べるかなり低いです。

よってスワップポイントでも国内FX会社に軍配が上がります。

 

サポートが親切

おもてなし日本の為、顧客ファーストです。

日本の常識が海外では通用しない事が多いです。

 

 

セントラル短資FXなら海外在住の方でも口座開設が可能です。

但し日本領事館が発行する「在留証明書」が必要となります。

また、出金先の口座は日本国内の金融機関の口座が必要です。

日本領事館が発行する「在留証明書」が必要

 

登録先の住所は海外でOK!

登録先の住所は海外でOK!

 

公式ホームページはこちら セントラル短資FX

 

 

セントラル短資FXの特徴

スプレッドは業界最狭水準

ドル円 0.3銭、ユーロ円 0.4銭、ユーロドル 0.3Pipsと業界最狭水準です。

全ての手数料が無料

取引手数料、入出金手数料、、口座開設料、口座維持手数料等全て無料です。

高金利通貨や希少な通貨ペアの取扱い有り

高金利で人気のメキシコペソ、トルコリラ、南アフリカランドや人民元の取引も出来ます。

自動売買も可能

ストラテジー(自動売買ロジック)を選択するだけで自動売買が出来るミラートレーダーが無料で使えます。

クイックチャート・トレードプラスでは、ご自身で簡単に自動売買ロジックを作成する事が出来、オリジナルロジックで自動売買が出来ます。

取引単位は1000通貨からと少額から取引が可能です。

 

公式ホームページはこちら セントラル短資FX